クラミジア

クラミジア感染症とは

クラミジア感染症は、日本で一番感染者の多い性病とされ、10代後半から20代の感染例が増大し、18~19歳の女性の3割程度が感染しているとも言われ、現在100万人以上のクラミジア感染者がいるとされます。

性器に感染した場合は性器クラミジア感染症、咽頭に感染した場合は咽頭クラミジア感染症と呼ばれます。

クラミジア感染症は自覚症状が無く、女性の7割以上、男性でも半分以上が自覚症状をもたないと言われ、感染を広げたり病状を悪化させる可能性があります。

クラミジアの症状

男性では排尿時の痛み、尿道部分のかゆみ、女性の場合は下腹部の痛みやおりものの増加などが挙げられますが、男女とも症状が出ないことがあり、特に、咽頭や直腸に感染した場合は症状がほとんど現れません。

男性の症状

男性が主に感染する箇所は尿道で、尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)などの症状が出ます。

具体的な症状としては、感染して1~3週間たったころから、おしっこの時に痛くなったり、尿道がかゆくなったりし、尿道からのうみや、排尿痛、尿道のかゆみや不快感、精巣上体の腫れ、軽い発熱や痛みなどがあらわれます。

感染しても症状が出ないことも多い性病ですが、治療せずに放置しておくと、前立腺炎や血精液症になることもあります。

女性の症状

女性の場合は子宮頸管に感染して、子宮頸管炎をおこしますが、症状はほとんど無くおりものが少し増えるとか、軽い生理痛のような痛みが出る程度です。

具体的な症状としては、おりものの増加や不正出血、下腹部の痛みなどがありますが、女性だと症状がでないことが多く、知らない間に子宮や卵管に感染が広がって、妊娠できなくなったりします。

女性の半数以上が症状を感じないと言われ、感染したまま放置しておくと卵管炎を起こし、子宮外妊娠や不妊症を引き起こします。

感染経路

クラミジア感染症は、基本的には性交により感染しますが、オーラルセックスで精液や膣分泌液を介して咽頭(のど)にも感染したり、そしてさらに人にうつす可能性があります。

その他、菌は直腸や尿にも出るため、アナルセックスで肛門に感染することもあります。

感染する場所は膣、尿道、咽頭、直腸等です。最近は、咽頭から病原体が見つかることが増えてきています。

自覚症状がほとんどないため、知らない内に感染していたり、感染させられたりしている可能性があります。

さらに妊娠中に感染した場合は母子感染の恐れもあります。

また、クラミジアに感染していると、HIVへの感染が3~5倍になると言われています。

感染源

クラミジア感染症は、クラミジアトラコマティスという病原体により感染する性病です。

感染は性交渉のほか、オーラルセックスやキスでも感染することがあります。

オーラルセックスによって男性の性器から女性の喉に感染、さらにキスを通して男性の喉に感染する、というルートもあります。

病気の放置

男性だと副睾丸(精巣上体)、女性だと子宮や卵管がおかされて、男女とも不妊症になる可能性があります。

男性の場合、クラミジアが精管に炎症を起こし、精管が詰まって不妊の原因となります。

女性の場合、骨盤内に感染が広がって卵管炎となり、卵管が詰まって不妊の原因となります。

検査

尿道分泌物検査をして、診断をしますがパートナーと一緒に検査する必要があります。

性器や尿道を綿棒でこすって、そこにクラミジアがいるかどうかを検査し、男性では尿で検査することができます。

男性用STD6種(内部展開図) 女性用STD6種(内部展開図)
男性の性病検査 女性の性病検査

症状を悪化させないためにも、感染を拡大させないためにも、早めの検査が求められます。

予防と治療

治療には抗生物質が有効ですが、クラミジアは一度治っても何度でも感染するので注意が必要です。

治療方法は抗生物質が一般的で、治療期間は2~3週間となっています。

検査でも正確に判定されやすく、完治もしやすい性病ですが、完治後3割程度の人が再発するとも言われています。

放置しておくことでさまざまな症状が発生し、女性の場合、母子感染だけでなく、子宮や卵管に炎症が発生し腹膜炎や不妊症にかかってしまったり、流産や早産の原因になってしまうこともあり、男性の場合では慢性前立腺炎や副睾丸炎などに発展します。

病院で抗生物質を注射し、医師の処方した薬(抗生物質)を飲めば治りますが、治療が終わっても、きちんと治ったかどうかを検査する必要があります。

予防には、コンドームをエッチの最初から最後まできちんとつけることが必要です。

関連記事

のど(咽頭)クラミジア「オーラルセックスや愛撫で感染します」

クラミジアは性行為で感染する病原体で、感染部位は性器の他に喉の咽頭に感染し、この部位に感染したクラミジアを咽頭クラミジアと言います。 統計では性器クラミジアに感染した人の2割は咽頭クラミジアに感染しています。 感染者の多・・・

クラミジア男性の症状

目次1 男性に多い感染パターン2 男性がクラミジアに感染した場合の症状とは3 男性に多いクラミジアの感染経路とは4 まとめ 男性に多い感染パターン クラミジアというのは自覚症状に乏しい感染症の一つとなっていますが、男女で・・・

クラミジア女性の症状

目次1 女性に多い感染パターン2 クラミジアに感染した女性に現れる症状とは3 クラミジアに女性が感染した場合の感染経路について4 まとめ 女性に多い感染パターン クラミジアは、男女ともに感染する可能性がある感染症の一つに・・・

男性のクラミジア進行による尿道炎、前立腺炎、副睾丸炎

目次1 クラミジアによる感染拡大による(男)尿道炎、前立腺炎、副睾丸炎2 クラミジアが悪化すると、どのような症状を発症するのか?3 まとめ クラミジアによる感染拡大による(男)尿道炎、前立腺炎、副睾丸炎 クラミジアという・・・

女性のクラミジア進行による卵管炎、子宮頚管炎

目次1 女性のクラミジア感染拡大による卵管炎、子宮頚管炎2 卵管炎や子宮頸管炎では、どのような状態になるのか?3 まとめ 女性のクラミジア感染拡大による卵管炎、子宮頚管炎 女性の骨盤内にある臓器の中で、最も炎症を起こしや・・・

クラミジアと不妊症

目次1 クラミジアと不妊症2 クラミジアが引き起こす不妊症のリスクとは3 まとめ クラミジアと不妊症 近年、日本の少子化と出生率の低下が社会問題にまで発展していますが、その原因の一つに男女の不妊症が増えてきたということが・・・

クラミジアの自然治癒はあるか?

目次1 クラミジアの自然治癒はあるか?2 クラミジアが自然治癒する可能性について3 まとめ クラミジアの自然治癒はあるか? クラミジアという感染症についてですが、クラミジアの治療方法は基本的に投薬による治療が一般的です。・・・

クラミジアに感染するとエイズの感染率が高くなるのか?

目次1 クラミジアに感染するとエイズの感染率が高くなるのか?2 なぜクラミジアに感染することによって、エイズの感染率が高まるのか?3 まとめ クラミジアに感染するとエイズの感染率が高くなるのか? クラミジアというのは、感・・・

クラミジアの病原体

目次1 菌の特徴と有効な感染経路の遮断2 クラミジア・トラコマチスは、どのような特徴を持っているのか3 まとめ 菌の特徴と有効な感染経路の遮断 クラミジアの病原体の正式名称は「クラミジア・トラコマチス」という名前になって・・・

クラミジアは性行為以外に感染する経路はあるか

目次1 性行為以外の感染する経路2 クラミジアの性行為以外での感染する可能性について3 まとめ 性行為以外の感染する経路 クラミジアというのは、感染経路の特定が難しい感染症となっていて、日本で最も多いとされている性感染症・・・

クラミジア感染症に関する記事